完全にど素人の俺がせどりが本当に儲かるのかを実証

これで買えちゃうかも?俺流の最速のChrome設定方法とプラグイン

おはようございます。

だいです。

 

今日はChromeの設定についてのまとめです。

 

その①キャッシュと履歴削除はこまめに。

標準機能での無駄データ削除手順

  • Shift+Ctrl+Deleteで「履歴データの消去画面」に移動
  • 期間:全て
  • [閲覧履歴]、[ダウンロード履歴]、[Cookieと他のサイト…]、[キャッシュ]にチェックを入れて削除
  • ついでに拡張機能も使ってない奴を削除しておく

個人的には、CCクリーナーがかなりオススメです^_^

http://freesoft.tvbok.com/freesoft/pc_system/windowsccleaner.html

 

 

 

その②TabMemFreeで「今開いてないタブ」のメモリを開放

 

https://chrome.google.com/webstore/detail/tabmemfree/pdanbocphccpmidkhloklnlfplehiikb

この拡張子インストールでメモリ解放☆

 

その③OneClick Cleaner for ChromeでDB最適化

ちょっと重くなってきたなーというタイミングでいつでも何度でも使える強制お掃除ツール

https://chrome.google.com/webstore/detail/oneclick-cleaner-for-chro/oncckmaelaecccmaniihojgeopkcajfh

 

その④試験運用機能を有効にして快速化

chrome://flags/」とアドレスバーに入力して移動できる「試験運用機能リストページ」で以下の機能をCtrl+Fでテキスト検索して有効化にフラグを変えて ⇒ 再起動。

 

有効にすると高速化する(らしい)試験運用機能リスト

  • ソフトウェア レンダリング リストを上書き(mac/win)
  • すべてのページで GPU 合成を行う(mac)
  • スレッド合成(mac)
  • SVG フィルタの GPU アクセラレーション(mac/win)
  • タブ/ウィンドウを高速に閉じる機能を有効にする(mac/win)
  • ハイパーリンク監査の無効化(mac/win)
  • Instant Extended によるキャッシュ可能な新しいタブ ページ(mac/win)
  • SPDY/4 alpha 2 を有効にする(mac/win)
  • HTTP/2 draft 04 を有効にする(mac/win)
  • スクロール予測を有効にする(mac/win)

その⑤不要なプラグインを無効化する

 

Google Chromeに組み込まれている不要なプラグインを無効化してしまいましよう。Google Chromeのアドレスバーに以下のアドレスを入力してみてください。

chrome://plugins

そして、使用していない拡張機能は削除して下さい・・

 

その⑥絶対に入れたほうがいいプラグイン

使用していないタブをサスペンドする

Google Chromeでメモリを大量消費する原因は、タブの開きすぎか、拡張機能のロードのしすぎです。

 

 

使用しているタブをセッションとして保存しておく

Session Buddy

「Session Buddy」を使用すれば、開いているタブの情報を「セッション」として保存し、いつでも情報を復元できるようになります。一度、セッションとして保存してしまえば、もはやタブを開いておく必要がなくなるため、タブを閉じることができて、結果的にメモリ使用量を抑えることができるわけです。

 

Google提供のデータセーバーを使用する

Data Saver

Googleが自ら提供する拡張機能である「データセーバー」を使用することにより、通信量を軽減し、高速な通信を行うことができるようになります。結果的に、ページの読み込み速度が上がり、体感速度が向上することに繋がります。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です